はじめて利用したカードローンはアコムでした

アコムで契約したカードローン

ボーナス前にどうしても30万円弱の資金が必要となり、カードローンを申し込むことにしました。今回の借り入れについては、確実に契約できるところというのが最大の条件となり、最初から消費者金融で申し込む予定でした。また、借入期間が1か月前後となる予定のため、できれば無利息サービスのついているカードローンを探しました。ということで、最終的に申し込んだのはアコムです。はじめての申込みでしたが、ネットからの申込みで簡単に契約まで完了することができました。契約完了後は振込サービスを利用しました。

他に検討したカードローンは

他に検討したのは、同じく消費者金融のアイフルでした。アコムで審査に落ちたケースではここに申込む予定でした。理由は単純で、大手銀行子会社のアコムが無理なら、独立系の消費者金融でと考えていただけです。また、実際に申込むことを決めた後に、親会社である三菱東京ufj銀行カードローンの低金利で魅力的でした。こちらの保証会社も何とアコムということで一瞬迷いましたが、そう何度も利用するつもりはありませんでしたので、はじめての利用の場合には、契約日から30日間の無利息サービスが提供されるというサービスが決め手となりました。

フリーローン完済のために利用した低金利ローン

銀行ローンでフリーローンを完済

消費者金融のフリーローンを利用したきっかけは、同社のカードローンより低金利だったからです。
カードが発行されないので使い勝手はよくありませんが、それゆえに使いすぎを防げるメリットがありました。
しかし意外と簡単に追加融資を受けられるので、あっという間に借入総額は100万円に達してしまったのです。
借入が大きくなると利息も膨れ上がってきて、このままでは返済不能になるかもしれないと感じるようになりました。
そこで銀行ローンのバンクイックを利用して、消費者金融の完済計画を立てることにしたのです。

毎月の返済が楽になった

銀行ローンのバンクイックは金利が低く、消費者金融のフリーローンから乗り換えることで月々の返済がかなり楽になりました。
総量規制の対象外となるローンなので、完済する資金を一括で借入できたのはよかったです。
今は消費者金融ローンは完済・解約し、銀行ローンの返済のみ行っています。
金利が低いので毎月の返済が楽ですが、以前のような失敗を防ぐために追加融資を受けないように注意しています。
20万円ほど返済してから、利用枠の100万円を80万円まで引き下げてもらいました。
限度枠が大きいとつい借りたくなるので、少しずつ下げていこうと考えています。

フリーローンにボーナス払いってある?

フリーローンにボーナス払いはある?

フリーローンを利用する際には必ず返済プランを考えてから借り入れをすることが必要になりますが、しかしここでよく疑問とされるのがボーナス払いの有無です。
これについてはそのローンを運営している会社の制度によっても異なるのですが、基本的には無いと思って差し支えありません。
もちろん支給された月に繰り上げ返済をしたり、事前にローン会社に相談してプランを組んでいたなどであれば別ですが、何も言わずとも勝手にボーナス払いがプランに組み込まれるというのはまず無いでしょう。
基本的にフリーローンの返済は毎月決まった額を返していく形になりますから、無理の無い額の返済を続けていきましょう。

支払額を変えるのは危険

しかしボーナス払いが出来るとなると「早く完済したいからプランに組み込もう」と考える人も少なくはありません。
もちろんそうした考えができると言うことは素晴らしいことなのですが、フリーローンでこうした月によって支払額を変更することはあまりお勧めできないことです。
そもそも賞与は会社の業績次第な部分があるために絶対にもらえるという保証があるわけではないですし、もし賞与が支給されなかったとなると一気に返済が苦しくなることもあり得ます。
繰り上げ返済であれば基本的にどの業者も対応していますから、最初から返済プランに組み込むのではなくその時々で繰り上げ返済を考えることをおすすめします。

銀行系カードローンの上限とは

銀行によって変わってきます

銀行系カードローンの上限というのはとても気になりますよね。これは銀行によって全く違ってくるというのが実情です。特徴は消費者金融系の所よりも高くなっている所が多いということです。上限が300万とかそういう所もありますが、比較サイトなどで確認するとそれよりも高い所も沢山あります。ネット銀行系ならば最高で1000万という所もありますから、多額のお金が必要な人にとっては嬉しいですね。500万から800万ぐらいの銀行も多数ありますので、有利に借りられる所を見つけて後悔しないようにするのが最善の方法です。

上限以外にもポイントがある

多額のお金が必要な人にとっては最高額が高い銀行系カードローンは大変魅力的です。ここで大事になってくるのは金融商品である限り他社との差別化を図っているという事です。ここが有利に借りるために大事なポイントなんです。上限が同じならば金利を必ず確認しましょう。最高額を借りた場合は最低金利が適用されるのですが、各金融機関で違いがあるのです。当然低い所で借りた方が総返済額は下がるのでお得です。審査の厳しさなども評価をよく確認しておく事が大事になってきます。そして最終的に決めた1社に申し込む事が基本です。複数に申込むと審査に通らなくなります。

ノーローンのおまとめローンは、フリーローン契約中の人のみ?

ballots-1195065_640

フリーローンを契約していなくてもおまとめローンが利用できる

ノーローンは新生銀行グループの消費者金融であり、1週間なんどでも無利息というユニークなサービスがあるので知名度は高いです。
ノーローンのおまとめローンは、フリーローンを契約中でなくても利用ができます。クレジットカードのキャッシング枠や、他社のカードローンなどをまとめることも可能です。
公式サイトには、「おまとめ対象となるローンは貸金業者からの借入債務に限ります」と書かれているので、銀行カードローンやフリーローン、クレジットカードのショッピング枠をまとめることはできません。年収証明書の提出が必須となっているので、あらかじめ用意しておきましょう。

フリーローンをまとめることはできない?

銀行や信用金庫のフリーローンをまとめることはできませんが、消費者金融のフリーキャッシングなどはまとめることができます。ノーローンのおまとめローンは、銀行カードローンなどよりも金利が高めですので、銀行からの借入をまとめることにあまりメリットはありません。消費者金融からの借入をまとめるのであれば、メリットがあるでしょう。
おまとめローンでは総量規制がかからないので、年収の3分の1を超える金額を借りることも可能です。貸金業者2社以上から借入がある人は、積極的におまとめを検討してみることをおすすめします。